テキストの保存について

保存先の確認
ブラウザへの保存
Google Driveへの保存
セキュリティ・プライバシー
よくある質問
関連ページ
🌐

English:

保存先の確認

Langsmith Editorで書いたテキストの保存先は、ヘッダ(下図、赤丸内の表示)から確認できます。

画像の場合は "Saved to browser local" とあるようにブラウザに保存されています。
画像の場合は "Saved to browser local" とあるようにブラウザに保存されています。

ブラウザへの保存

Langsmith Editorで書いたテキストは、デフォルトではブラウザ(ローカルストレージ)に自動で保存されます。ファイル > 白紙に戻すを選択するとブラウザに保存されたテキストが削除されます。

Google Driveへの保存

Google Driveとの連携

Tools > Google Drive Configuration > Integrate Google Driveから、連携するGoogle Driveアカウントを選択してください。

image

Google Driveと連携することで、Google Drive上のテキストファイルの読み込み、保存、新規作成などが可能になります。保存はテキスト編集時に自動で行われます。

image

ファイル名は左上のテキストエリアで変更可能です。

image

Google Drive内の保存先(フォルダ)設定

Google Drive内での保存先を Tools > Google Drive Configuration > New destination folderから変更することができます。

image

Google Drive内のファイルをLangsmith Editorで開く

Google Drive側でテキストファイルを右クリックし、「アプリで開く」より「Langsmith Editor」を選択することでファイルを開くことができます。

セキュリティ・プライバシー

Guestプラン・Freeプランの場合、ユーザーの入力したテキストは本サービスの向上の目的で使用します。Premiumプラン・Enterpriseプランの場合は、ユーザーの入力したテキストは弊社のサーバに保存されません。詳しくは、利用規約プライバシーポリシーを参照ください。

よくある質問

Google Driveとうまく連携できない。

Googleアカウントから一度サインアウトし、再度サインインしてみてください。

関連ページ

解決しなかった場合

からご連絡ください。